自分でできる生活保護

生活保護について、専門家の立場でわかりやすく解説します

 このブログは、生活保護の申請受給が自分でできるよう、わかりやすく解説したものです。
 今回は、現金や預貯金があるとき、生活保護が受けられるか?について見てみましょう。

 生活保護法では、生活保護を受ける条件として、「資産を活用すること」をあげています。
保護を受けるためには、まず、利用できる「資産」を最低生活維持のために活用することが求められるのです。

 利用できる資産には、現金・預貯金、土地や建物、自動車、生命保険などがあります。
ここでは「資産の活用」に関して、「現金や預貯金があるとき」について見てみましょう。

続きを読む

 このブログは、生活保護の申請受給が自分でできるよう、わかりやすく解説したものです。
「生活保護を受ける条件」などについて見る前に、今回は、「受け取れる生活保護費の金額」について見ておきたいと思います。

 皆さんは、生活保護ってどれ位もらえると思われますか?

 次の例をご覧ください(東京23区などの例です。なお、地域により金額は異なります)。

33歳、29歳の夫婦、4歳の子供の3人世帯の生活保護費は、月額228,700円
高齢者一人世帯では、月額133,250円、
高齢者夫婦世帯では、月額184,410円、
30歳の母親、4歳、2歳の子供の母子世帯では、月額258,990円


続きを読む

 このブログは、生活保護の申請や受給が自分でできるよう、わかりやすく解説したものです。
 まず今回は、生活保護申請の全体の流れを見ておきましょう。


目次

・生活保護とは
・保護申請の窓口はどこか
・生活保護を受けるための条件
・支給される生活保護費
・保護の種類と内容
・生活保護の手続の流れ
・生活保護申請に必要な書類


● 生活保護とは

 生活保護とは、病気やケガ、働く所がないなどの理由で働けないとき、または働けても収入が不十分で、生活に困っているときに利用できる制度です。


続きを読む

このページのトップヘ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村