このブログは、生活保護の申請や受給が自分でできるよう、わかりやすく解説したものです。
 今回は、借金があるとき、生活保護が受けられるか?について見てみましょう。

 生活保護を申請するために窓口へ行ったら、「借金のある人は生活保護は受けられません」と言われることがあります。
 しかし、借金があっても生活保護を受けることはできるのです。 借金の有無は、生活保護受給の要件に入っていないのですから。
ですから、借金があることを申請窓口で伝えて、保護の申請をするようにして下さい。


借金には、
・銀行からの借り入れ
・貸金業者からの借り入れ
・クレジットカードの返済
・車のローン
・その他各種ローン
などがあります。

 このような借金があっても、生活保護を受けることはできるのです。
しかし、借金がある場合はいくつかの注意点があります。

 1 受け取った保護費で借金を返済しないようにすること

 生活保護は生活に困った人を助けるためのものであって、借金の返済を援助するものではありません。したがって、受け取った保護費で借金を返済することは好ましいことではないのです。

 しかし、絶対に保護費から借金を返済してはならないというのではなく、返済しても生活可能な範囲なら、返済も認められると考えられます。

 ただし、生活保護の利用中は、収入、支出その他生計の状況に変動があったときは、届け出る義務があります。届け出もせずに借金を返済していて福祉事務所にわかると、指導を受け、生活保護費の支給を停止される場合もありえます。
 また、隠れた収入を借金返済に充てることも、不正受給とされる可能性があります。

 それから、新たに別の借金」をすることは、さらに生活が苦しくなって、再建がむずかしくなるので、しないようにして下さい。
新たな借金をして福祉事務所に届け出しないでいると、後で保護費を返還請求されることがあります。


 2 借金を整理したいときは、債務整理をすること

 で述べたように、受け取った生活保護費で借金を返すことは原則としてできません。ですから、生活保護を受けても、結局、借金はそのまま残ってしまうだけでなく、利息もさらに膨らんでいくことになります。
そのため、一般的には、生活保護を受ける前に、債務(借金)の整理を検討したほうがよい場合が多いのです。

 債務整理をすれば、借金の返済額を減らせますし、弁護士などに依頼すれば貸金業者からの取り立てもそこで止まるのです。


(ブログランキングに参加中です)

生活保護ランキング